いい税理士協会の登壇が決定!毎年1000人が訪れる会計事務所博覧会!

毎年、秋葉原UDXアキバ・スクエアにて開催されていた「会計事務所博覧会(以下、会計博)」が、2020年11月4日(水)、5日(木)に初めてオンラインで開催される事になりました。

初のオンライン開催で注目される今年の会計博。
その主催者セミナーのトップバッターに、今年の5月に設立された「一般社団法人 いい税理士協会」が登壇することが決まりました。

「いい税理士」を輩出するためのNo.1プラットフォームを目指すことをビジョンに掲げる「いい税理士協会」のセミナーとは、いったいどのような内容なのでしょうか。

全国から1,000人を超える税理士が集まる「会計博」とは

約30の企業が出展する会計博は、毎年2日間に渡って開催されます。全国から1,000人を超える税理士さんや、会計事務所関係者のみなさんが集まる一大イベントです。

一番の目玉は、開催期間中に途切れることなく催される数々の特別セミナーです。会計博に訪れるみなさんの多くが、このセミナーへの参加を楽しみに会場に足を運びます。

今年はセミナーもオンラインでの開催となりますが、開催期間中は例年と同様に、朝から夕方まで、2日間で延べ13ものセミナーが予定されています。テレワーク導入におけるポイントや在宅ワーカーの活用方法、会計事務所のDX(デジタルトランスフォーメーション)など、会計事務所が直面する課題を乗り越えるためのヒントが得られるセミナーが目白押しです。

>>オンライン会計博のセミナー一覧はこちら

そんな中で、今回トップバッターを務めるのが「一般社団法人 いい税理士協会」のセミナーです。会計博を主催する株式会社ゼイカイの代表である高橋さんも、協会のセミナーに期待を寄せていらっしゃるようです。

「会計博に来場いただく会計事務所関係者の方々は、常に新しいソリューションを探している感度の高い方が多いです。『変革』が求められる税理士業界の中で、新しい税理士像を打ち出して設立された『いい税理士協会』だからこそ、有益なメッセージを届けられるのではないかと思いました」

「いい税理士協会」とは

「いい税理士協会」は、「いい税理士」を志す人のための一般社団法人です。

協会では、この難しい時代でも生き残る税理士の理想像を「いい税理士」と定めています。
そして、「いい税理士」を志す人が集い、共に学び、切磋琢磨する場を提供するために設立されたのが「いい税理士協会」です。

【いい税理士協会のビジョン】
志ある中小企業が持続・繁栄するために、中小企業に伴走しながら価値を共創する「いい税理士」を輩出するための、NO.1プラットフォームとなる

引用元:「いい税理士協会」ホームページ

セミナータイトル:これからの時代に生き残る「いい税理士」の条件

「いい税理士協会」のセミナーは11月4日(水)の10:20からスタートします。

「これからの時代に生き残る『いい税理士』の条件」と題して、協会の代表理事を務める田中啓介さんと、株式会社statr-with/荻島会計事務所の代表税理士であり、協会の理事も務める荻島宏之さんが登壇します。

■セミナーの開催概要
日時  :11月4日(水)10:20~11:00
タイトル:これからの時代に生き残る「いい税理士」の条件
参加方法:会計博のサイトからZoomでご参加いただけます(無料)

「いい税理士協会」の代表理事である田中さんにもお話をうかがったところ、以下のような方々の心に響くようなセミナーにしたいと意気込んでいました。

  • これからの税理士の理想像、「いい税理士」の条件について知りたい!
  • 中小企業の経営に貢献し、顧問先に頼られる税理士になりたい!
  • 税理士業界を変えたい!
  • 志を共にする仲間と切磋琢磨したい!
  • 一税理士事務所の所長に留まらない、大きな仕事がしたい!

これらに一つでもあてはまる方は、オンライン会計博で「いい税理士協会」のセミナーをご覧になってみてはいかがでしょうか。何かヒントが見つかるかもしれません。

また、開催期間中は、Mikatus株式会社(ミカタス)のオンラインブースで「いい税理士協会」の話を詳しく聞くこともできるそうです。

ぜひ、オンライン会計博にて「いい税理士協会」のセミナーを視聴した上で、Mikatusのブースを訪れてみてください!




メルマガ登録フォーム

「いい税理士」を志すみなさんの「想い」や「悩み」、そしてその「活躍」など、
最新の情報を受け取りたい方は、ぜひご登録ください!

* 必須項目