「いい税理士」とは何か? AIなんかに負けない税理士の真価

「税理士や会計士はAIに代替される」

AIをはじめとしたテクノロジーの進歩に伴い、税務や会計といった「従来の税理士業務」の価値は下がり続けています。

しかし、税理士の真の価値とは「中小企業の経営に寄り添える存在である」という点にこそあります。税理士は、経営者にとって最も身近な第三者であり、会社のお金の流れだけでなく経営者の収入さえも把握できる立場にいます。だからこそ、中小企業の経営に伴走するパートナーになることが出来るのです。

今回は、Mikatus(ミカタス)が考える「いい税理士」像について、お伝えしたいと思います。

税理士には、AIに取って代わられない価値がある

中小企業の事業活動に伴うお金の流れを正確に記録し、決算書からルールに沿って税金を計算して申告書を作成する。「従来の税理士」の仕事は、専門知識を必要とするものの、そのほとんどは「正解」が存在します。つまり、知識さえあれば誰でも、それこそ機械であっても「正解」にたどり着くことができるのです。

「正解」が存在する仕事のオートメーション(自動化)は、様々な分野で普及しています。そして、ほぼすべての仕事において、機械は人間よりも早く正確に数字を計算することができます。税理士の世界でも自動化が進んだことにより、「従来の税理士」の価値は徐々に下がってきています。

しかし、企業経営者にとっての、税理士や会計事務所の本質的な価値は別のところにあります。

税理士の本当の価値は「中小企業の経営に寄り添える存在である」という点にあります。税理士は、会社が保有している現金やその他の資産はもちろん、ビジネスにおけるお金の流れも把握しています。経営者が本当は他人知られたくないような数字や情報を、税理士は信頼のもとに託されているのです。

経営者の信頼に応えられるかどうか それが税理士の真価

それでは、税理士はその経営者の信頼にどう応えるべきなのか。その答えにこそ、税理士の真価があります。

経営者の信頼にこたえるためには

経営者が事業を継続するために日々考えることのうち、税金に関する部分は1割もありません。今後の事業展開や資金繰り、他社との差別化、そして社員の育成や採用といった、いわゆる経営全般に関わることが、全体の9割を占めているのです。

もちろん、税金の計算をする、税務申告を代行する、節税の提案をする、それらも税理士の大切な仕事です。しかし、経営者からすれば、税金は経営全般に含まれる「資金繰り」という項目の中の、さらにその一部でしかありません。

企業の財務状況を把握できる税理士は、経営者に代わって資金繰りをチェックしたり、資金を増やすための打ち手についてアドバイスをすることができます。たくさんの中小企業を顧客に抱え、いろんな企業のビジネスを見てきた税理士は、経営者の壁打ち相手になることもできます。

税理士は、経営者が日々考えている9割の領域に踏み込んで支援することで、経営者からの信頼に応えることが出来るのです。

そして、それこそがAIに取って替わられることのない、税理士の真の価値なのです。

税理士の真価を定義した「いい税理士」

私たちが考える「いい税理士」とは、1割の税金の相談に乗ってくれる人ではなく、9割の経営全般について一緒に考えてくれる税理士のことを言います。

税理士の関与によって、一社でも多くの中小企業が幸せになってほしい。そう願うMikatusが、税理士さんに「こうあってほしい」という想いを定義し、掲げているのが「いい税理士」なのです。

では、その「いい税理士」とは何か? 次のように定義しています。

「事務所として、中小企業の業績向上に貢献する税理士」

この言葉では、三つの観点で「いい税理士」を表現しています。

一つ目は、「中小企業の伴走者」としての「いい税理士」です。

「いい税理士」は、中小企業の経営全般を支援し、売上や利益の向上に貢献したり、事業が継続できるように尽力することが求められます。経営者が日々考える9割の部分について、壁打ち相手にならなくてはなりません。

自分だけが「いい税理士」であればいいのか?

しかし、ただ税理士自身が壁打ち相手になれていればいい、というわけではありません。一人の力だけでは、伴走できる中小企業の数に限りがあります。より多くの中小企業の経営に貢献するために、残り二つの立場が大切になります。

二つ目は、「事務所経営者」としての「いい税理士」です。

「いい税理士」として重要なのは、「自分が」ではなく、「事務所として」中小企業の業績に貢献することです。経営全般を支援できるのが代表税理士1人だけだとすると、限られた一部の中小企業にしか伴走することができません。

「いい税理士」は、事務所のトップとして、スタッフと一体となって、より多くの中小企業の業績向上に貢献することが求められます。そのために、スタッフに対して会計事務所として目指すべき方向性を示し、スタッフのモチベーションを上げ、その成長を手助けできる組織づくりをしなくてはなりません。

三つ目は、「税理士業界全体」から見た「いい税理士」です。

先の言葉では、「顧問先」ではなく、「中小企業」の業績向上に貢献する、と表記しています。これには、自分の顧問先だけでなく、世の中の中小企業すべてに貢献する気概を持っていただきたい、という想いが込められています。

「いい税理士」は自分や自分の事務所だけでなく、他の税理士とも協力し、税理士業界全体で中小企業の持続的発展に貢献することが求められます。そのために、志を同じくする他の「いい税理士」と手を取り合って、業界全体の発展にも寄与しなければなりません。

何より、自分自身が税理士業界を支えていくんだ、という強い気持ちを持っていただきたいのです。

「中小企業の伴走者」、「事務所経営者」、そして「税理士業界全体」への貢献、これら三つの立場において定義を体現している税理士が、これがMikatusの考える「いい税理士」であり、AIに負けない税理士の真価です。

私たちは「いい税理士」が増えることで、より多くの中小企業が幸せになることを心から願っています。

Mikatusのビジョン