事務所は拡大するべき? 若手税理士がAI時代に知っておくべき経営術

「税理士はAIに取って代わられてしまう」
近年、税理士業界はこのように囁かれることが増えています。

日々多くのメディアで取り上げられているAI(人工知能)技術。次々と技術革新が起こる変化の激しい時代において、AIに代替されない税理士の価値とはいったい何なのでしょうか。そのヒントを探るべく、今回は若手税理士として未来を見据える、6名の税理士のみなさんに座談会形式でお話を伺います。

高齢化が進む税理士業界に求められる「若手の台頭」

今回お集まりいただいたのは、独立から数年という30~40代の若手税理士の方々。そもそも60歳以上が全体の半数以上を占めている税理士業界、一般的な業種と比べると非常に高齢化しているといえます。

人生経験豊富な税理士が多いことは頼もしい限り。ですがその一方で、最近では20代、30代で起業する経営者も増えてきています。経営者の若返りは、巡り巡って税理士業界にも求められてきます。税理士という仕事を若者にとって魅力的な職業にするためにも、若手税理士の台頭が求められているのです。

▼ご参加いただいたみなさま

事務所名 氏名 ※五十音順
金森善太郎税理士事務所 金森 善太郎 様
齋藤会計事務所 齋藤 陽太  様
木口勇三税理士事務所 武市 真賢  様
梨本FP税理士事務所 梨本 博一  様
昼間税務会計事務所 昼間 隆弘  様
古市裕之税理士事務所 古市 裕之  様

若手税理士が考える、AI時代を生きるために必要なこととは?

未来を見据える若手税理士のみなさんは、今後の事務所経営についてどう考えているのでしょうか。お話の中から見えてきた1つの結論は、「いかに人間力で差別化するか」ということのようです。まずは、独立前に抱えていた葛藤等も踏まえて税理士を志したきっかけについてうかがいました。

金 森
以前の事務所に勤務していた当時は、多い時で70社もの会社を担当していました。当然、一社一社のお客様に時間をかけられませんし、事務所で決められた内容を伝えることしかできませんでしたので「本当にこれでいいのだろうか」「お客様の役に立っているのだろうか」と疑問を抱えながら仕事に取り組んでいました。それに比べて今は、一つのお客様に対して丁寧に時間を使えています。課題や悩みはお客様によって異なります。お客様のニーズに応じて、お渡しする資料、お話する内容を変えることができています。

古 市
アドバイスをすると、経営者からも「ありがとう」と言ってもらえますし、自分のアドバイスを取り入れて経営者が実際に動いてくれることは非常に楽しいと感じています。どんな経営者も悩みを抱えています。税理士として、その手助けをしたいと思うのです。従業員には打ち明けられない経営者の悩みに、税理士として応えるために独立をしました。

経営者から求められていることを的確に捉え、より価値あるサービス提供を目指す。そのために、日々試行錯誤する姿が、お話からうかがうことができます。

齋 藤
最初のころは、張り切って経営分析などたくさん資料を持っていきましたが、お客様には関心を持ってもらえないこともありました。こちらが一方的にあれもこれもしてあげたい、ではダメだと気づかされました。経営者には自分の理想があります。まずはお客様の話を聞かないと。相手のニーズを満たし、関心を引き出すのが第一ステップだと心がけています。

「いい税理士」の最新情報を受け取りたい方はこちら

メルマガ登録

今どきの若手税理士は事務所を拡大したい?

独立して数年が経ち、顧問先にも価値を提供できている若手税理士のみなさんは、きっと「事務所をもっと大きくしていきたい」と思っているだろう。Lanchor(ランカー)はそんな野心を想像し、今回座談会に望みました。しかしお集まりいただいた6名のうち、4名の方は「今後も一人でやっていくつもり」とのこと。意外なご意見、その理由は一体どこにあるのでしょう。

梨 本
私は一人の税理士としてお客様と付き合っていきたいと思っています。税務申告や計算業務は結果にすぎません。ほとんどの時間を、お客様の話を聞くことに使います。取引先のこと、従業員のこと、プライベートのこと。自分自身が経営者の話をちゃんと聞く。話を聞いたうえで経営者と一緒に考え、支えていく。それが自分のやりたかったことですし、今後もそのスタイルで続けていきたいです。

齋 藤
他の税理士さんとの差別化を考えると、「自分を商品にする、人間力を売りにする」ということが重要になってきます。事務所を大きくして人を増やしていくと、どうしても「自分」という商品力が希薄になってしまうと思うんです。

金 森
事務所を大きくして、自分の目が行き届かなくなる範囲が広がってしまうのはリスクです。どれだけ付加価値が提供できるかが重要なので質を落としたくありません。人を増やすよりも、一人で質を上げていくことで経営者に貢献したいと考えています。

事務所拡大を望まないのは、顧問先の経営者に、一人ひとりしっかりと向き合いたいという想いがあるからこそ。AIが普及する世の中で求められるのは、人だからこそ持ち合わせている「人間力」です。だからこそみなさん、税理士として、人として、そして自分として、経営者に自分らしく貢献したいという想いをお持ちだったのです。

同時に、事務所拡大した際に生じるスタッフのマネジメントについて、リスクを感じる声も上がっていました。

昼 間
事務所を拡大した後に、職員が辞めてしまうときのリスクもあります。経験者が一気に辞めてしまって、苦労している事務所も知っています。そうなると何よりお客様に迷惑をかけてしまう。そういう風にはなりたくないです。自分のキャパシティの上限で止めておきたいというのが正直なところです。

Lanchorの最新記事をチェックしたい方はこちら

メルマガ登録

同じリスクを負うからこそ、経営者の悩みが見えてくる

一方で、2名の若手税理士の方は事務所を拡大したいと考えていました。その理由はどこにあるのでしょうか。規模を大きくすることで、得られる価値もあるようです。

古 市
私はなるべく事務所を大きくしたいと思っています。税理士に限らず、一人でやっていると視点や思考が凝り固まってしまいます。今後大きく変化していく税理士業界に身を置くうえで、これは大きなリスクであると考えています。多くの人がいて、多様性があるほうがいい。色んな人が情報を集めてきた方が柔軟になれると思います。
人を雇うことには確かに様々なリスクがありますが、中小企業の経営者もそのリスクを負って従業員を雇っています。自分はリスクを取ってないのに、リスクを取っている社長にアドバイスすることはできません。自分も同じ悩みを抱えることで、本当の意味で経営者と悩みを共有することができ、一緒に解決していけるのではないかと思っています。

武 市
AIが発達していく中で、ただの事務屋でいるわけにはいきません。それは職員も同じです。事務処理に追われてしまうのではなく、お客様と対話することに力を入れたいと考えています。現在の顧問先数を考えると、人員は増やしていきたいです。

若手「いい税理士」こそ、「質」も「量」も追うべき

事務所を大きくする、しないに関わらず、みなさんに共通していたのは「お客様である経営者のために力を尽くしたい」という想いでした。限られた顧問先に対して、一人で質の高いサービスを提供するのか。スタッフと共にマンパワーを活かし、より多くの顧問先に価値を届けるのか。その選択に正解はありません。

Lanchor(ランカー)は、「いい税理士」が伴走することで幸せな中小企業が増える、と考えています。そのため、ぜひ事務所を大きくし、貢献できる顧問先や幅を増やしていただきたいと思っています。業界の未来を担う若手税理士のみなさまには、ぜひ質も量も高めていただき、税理士業界を、税理士という仕事を、より魅力あるものしていっていただきたいです。

 

こちらの記事も合わせて読まれています

若手「いい税理士」座談会の他にも、様々なテーマで座談会を開催しています。




メルマガ登録フォーム

「いい税理士」を志すみなさんの「想い」や「悩み」、そしてその「活躍」など、
最新の情報を受け取りたい方は、ぜひご登録ください!

* 必須項目