実はカンタン?!「社外財務部長サービス」をすぐはじめよう!

「社外財務部長サービスに興味はあるけど、いざ始ようと思うとそんなに簡単じゃない!」

税務代理や記帳代行などの従来の税務顧問や過去のPLの結果報告とは、サービス提供に必要な知識や資料も異なるため、もしかしたら「難しい」と感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

もちろん、すべてを自分一人でゼロから準備していくとなると……それは大変かもしれません。しかし、会計事務所が、社外財務部長として中小企業に価値を提供することをサポートするためのクラウドサービスがあります。それが、Mikatus(ミカタス)が提供する「キャッシュ・イズ・キング」です。今回はその特徴についてお伝えします。

社外財務部長サービスは、一朝一夕で提供できるものではない?

社外財務部長は、顧問先の資金状況を把握し、過去ではなく将来のキャッシュ推移について話ができなくてはなりません。また、経営者に対して、定期的に資金繰りの状況について報告することが求められます。もし資金がショートしてしまいそうなのであれば、適切なタイミングでアラートをあげる必要もあります。経営者への報告だけでなく、数字の集計や資料作りなど、事前準備にも時間と労力を要します。

さらに、経営者の頭の中にある情報を引き出したり、資金ショートを回避するための打ち手を一緒に検討していかなくてはいけません。どの順番で何を話さなければならないのか。どのタイミングでどのように話を切り返さなくてはいけないのか。経営者からの信頼を得て、財務面を安心して任せてもらえるだけの技量は、一朝一夕で身に付けられるものではありません。

また、数字や会計の専門用語に強くない経営者もいます。打ち手が将来のキャッシュに与える影響を、数字の羅列や難しい言葉で説明するだけでは経営者にうまく伝わりません。日々忙しくしている経営者でも、直観的に理解できるように、伝え方にも工夫が求められます。

これらの仕組みやノウハウをゼロから構築していくとなると、時間も手間もかかり、会計事務所には負担となってしまいます。

「いい税理士」のノウハウを結集した「キャッシュ・イズ・キング」

「社外財務部長サービス」で顧問先に付加価値のあるサービスを提供したい。だけど、ゼロから仕組みを構築する時間や労力は無い。そんな会計事務所にお薦めしたいのが中小企業の財務カルテ「キャッシュ・イズ・キング」です。

「キャッシュ・イズ・キング」は、「いい税理士」のノウハウを結集し、さらに数多くの中小企業経営者にヒアリングした結果をもとに開発された、クラウドサービスです。

顧問先の会計データさえあれば、「キャッシュ・イズ・キング」を利用することができます。ボタン1つで、会計データの過去実績に基づき、今後の売上、原価、販管費等といったPL項目を予測するだけでなく、経営者の最大の関心事である「キャッシュ」の予測をグラフで出力します。

ボタン1つでわかりやすくグラフで表示してくれるため、経営者への報告のための集計作業や資料作成にも、ほとんど時間をかける必要がありません。

また、グラフを見ながら経営者と話をすることによって、経営者の頭の中にある情報やアイデアを引き出し、より精緻なキャッシュの将来予測を作り上げることができます。さらに、その過程で企業のビジネスや経営者の想いを理解することができるため、顧問先との信頼関係構築にもつながります。

経営者と一緒にキャッシュを増やすための打ち手を考える際にも、検討プロセスに沿って数字を入力していけば、リアルタイムにグラフが変化します。何をどんな順番で話すべきかが明確な上に、打ち手が将来のキャッシュに与える影響を、経営者が理解しやすい形で伝えることができます。

キャッシュ・イズ・キングの主な機能
・ボタン1つで将来1年間のキャッシュ推移をグラフで表示
・経営者と議論することで、より精緻なキャッシュ予測が完成
・会社の状況に合わせて打ち手を検討。将来のキャッシュに与える影響を見える化
・ボタン一つで月次報告を補助する資料を作成

経営者の関心事に着目しているからこそ、打ち手の議論が加速する

「キャッシュ・イズ・キング」最大の特徴は、経営者が最も関心を寄せるキャッシュ(現金)に着目していることです。

「経営者が興味を持って話を聞いてくれない」というのは、多くの税理士や会計事務所スタッフが、日常的に抱える悩みの1つではないでしょうか。しかし、その原因の下には、会計事務所側が経営者の関心事を掴めていないということが挙げられます。

会計事務所側は、会計の専門家であるがゆえに、売上や費用、利益といったPL項目で経営状況を伝えようとしてしまいます。しかし、利益などのPL項目は会計期間内での結果にすぎません。毎日の事業をおこなう中で、会社の状態を把握したいと考える経営者からすると、実体を捉えにくいのです。「利益が出ているのに、なんでこんなにも手元にキャッシュが残っていないのか!?」という経営者の反応を、目にしてきた人も多いのではないでしょうか。

いま手元にいくらのキャッシュがあって、これが将来どうなっていくのか。中小企業の経営者にとって、事業継続していくうえで最も気になるのがキャッシュなのです。

このキャッシュを軸に議論することで、経営者の興味を掻き立てることができ、その先の打ち手に関する議論も円滑に進めることができます。「キャッシュ・イズ・キング」を利用することで、「社外財務部長」として、中小企業経営者の信頼を掴み取ることができるのです。

会計事務所が「社外財務部長」になるためのクラウドサービス、「キャッシュ・イズ・キング」についてもっと詳しく知りたい方は、以下のサービスサイトにて資料ダウンロードいただくか、Mikatusの営業担当にお問い合わせください。

「キャッシュ・イズ・キング」のサービスサイトはこちら