Mikatusの田中が語る 「いい税理士」が稼がなくてはならない理由

Mikatus(ミカタス)は「税務・会計・給与システムを提供する会社」から、「税理士が中小企業の経営に貢献することを支える会社」へと、事業の方向性を大きく切り替えています。事業方針の転換は、経営者として大きな経営判断であり、多大な労力も必要とします。

なぜ事業方針の転換を決意したのか。その決断の根底には、「いい税理士」が社会に提供する価値への絶対的な確信と期待があります。Mikatus社長の田中が抱く、「いい税理士」への想いについてお伝えします。

Mikatus社長として「いい税理士」のみなさんにお願いしたいこと

事業方針の転換に至った想いについて教えてください。

私たちMikatusはこれまで、今後の税理士さんのあるべき姿として「いい税理士」を掲げてきました。「いい税理士」が世の中に増えることによって、日本の未来が良くなる、との強い思いがあるからです。

その未来を実現するために、事業方針の転換へと舵を切りました。「いい税理士」が世の中にもたらす価値に、絶対的な確信と期待をもっている、それが決断の理由です。「『いい税理士』のおかげで経営がうまくいった!」そんな中小企業が増える。そして、私たちMikatusは「いい税理士」を全力で支える。これが今の当社のビジョンです。

そのビジョンを実現するためには、「いい税理士」の協力が欠かせないのでは?

その通りです。中小企業の経営に貢献するのは「いい税理士」さんであって、私たちはその税理士さんたちを黒子となって支える存在ですから。だからこそ、そんな「いい税理士」のみなさんに、私からお願いしたいことがあるんです。

それは、「『いい税理士』さんには、稼いでほしい!」ということです。

「いい税理士」は稼がなければならないと私が考える理由は二つあります。
一つ目の理由は、「『いい税理士』は、事務所スタッフの仕事に報い、そのプライドを支えなければならない」からです。
そしてもう一つは、「『いい税理士』には、税理士という仕事を『憧れの職業』にする、という責任がある」と思うからです。

「いい税理士」が稼がなくてはならない理由
① 事務所スタッフの仕事に報い、そのプライドを支えるため
② 税理士という仕事を「憧れの職業」にするため

スタッフの仕事に報い、プライドを支えるのが「いい税理士」の仕事

スタッフの仕事とは、どういった仕事を指すのでしょうか?

「いい税理士」の事務所は、多くの中小企業の業績向上に貢献し、その経営を支えています。「いい税理士」のサービスをより多くの中小企業に届けようと思ったら、事務所スタッフの頑張りが不可欠です。

代表税理士さん一人だけが「いい税理士」として奮闘していても、時間や体力に限界があります。スタッフの頑張りと高い仕事の質がなければ、限られた一部の中小企業にしか「いい税理士」としてのサービスを届けることができないのです。

当然、税金の計算や書類の作成といった旧来型の税理士業務をメインの仕事としている税理士事務所と比べて、スタッフが任される仕事の量や難易度は上がり、その質も高いものを求められます。

そのようなスタッフの仕事に対して、報いるべき理由とは?

「いい税理士」は、中小企業、つまり顧客に対してだけ「いい税理士」であればいい、というわけではありません。スタッフに仕事の量も質も高いものを求めるのであれば、当然その対価(給料)も高いものでなければなりません。

彼らの頑張りを蔑ろにしたまま顧客に価値を提供したとしても、スタッフは疲弊してしまい、じきに辞めていってしまうことでしょう。その結果、多くの中小企業に価値を届けることが困難になります。

スタッフの頑張りに対して、給料(報酬)という形できちんと報いること。

それは、「自分たちは中小企業の経営を支えているんだ」、「自分たちは普通の税理士事務所ではなく『いい税理士』の事務所で働いているんだ」といったスタッフのプライドを支え、やりがいをもたらすことになるのです。

「いい税理士」は人間的魅力に溢れ、「いい人」であることが多い。ですが、顧問先への価値の提供はビジネスであり、ボランティアであってはいけません。スタッフを雇ってサービスを提供している以上、事務所の「経営者」として稼がなくてはなりません。

顧客を幸せにするだけではなく、共に価値を提供する仲間(スタッフ)を幸せにするのも「いい税理士」の仕事です。だからこそ、「いい税理士」は稼がなくてはならないのです。

「税理士」を若者が憧れる職業にしなければならない

「税理士」を若者から憧れる職業に、という強い想いがあるそうですね?

残念ながら、いま「税理士」という職業は若者から人気がありません。元々税理士は年齢層が高い上に、AIに取って替わられる仕事(職業)として認知されていることも原因の一つかもしれません。その結果、若い世代の受験生が減ってしまっています。

しかし、私たちMikatusは知っています。

「いい税理士」は、AIに取って替わられるような存在ではないということを。 そして、世の中の中小企業の経営や業績向上に貢献する、極めて社会的に価値が高く、魅力的な仕事であるということを。

この「いい税理士」の仕事を、そしてその価値を、私たちは世の中に伝えていかなければなりません。そうしないと、優秀な若者が税理士になってくれない。

優秀な若者が税理士になってくれないと、「いい税理士」が増えていかない。「いい税理士」が増えていかないと、企業全体の99%以上を占める中小企業の業績が上がらないし、潰れてしまう中小企業も増えてしまいます。社会のため、日本のためにも、税理士を若者が憧れる職業にしなくてはならないのです。

しかし、税理士を憧れの職業にするためには、その仕事の魅力や社会的価値を伝えるだけでは足りません。やはり、稼げる職業でなくては。

社会的意義があり、そして稼げるとなれば、若者が憧れを抱く職業になると思うんです。

「いい税理士」には、業界全体を背負っていく責任がある

「いい税理士」が稼ぐうえで、意識しなければならないことはありますか?

「いい税理士」には、税理士業界全体を背負い、より良くしていく責任があります。 税理士という仕事を憧れの職業にするために、「いい税理士」として「稼ぐ」ことも自分の仕事、役割だと思ってほしいのです。

顧客である中小企業の業績向上に貢献し、共に働く仲間(スタッフ)に報い、そして税理士さん自身も金銭的に豊かになってほしい。それは、必ず業界全体の発展につながるはずです。

Mikatusとしても税理士業界を盛り立てるお手伝いがしたい。それが事業方針の転換に踏み切った理由の一つでもあり、私自身の決意表明でもあるのです。

Photo by:株式会社 経営者JP

メルマガ登録フォーム

「いい税理士」を志すみなさんの「想い」や「悩み」、そしてその「活躍」など、
最新の情報を受け取りたい方は、ぜひご登録ください!

* 必須項目